厚生労働省は、緊急事態宣言の発出を受け、医薬品・医療機器業界に対して安定供給に継続を求める事務連絡を出した。期間中も需給状況を注視し、安定供給に必要な在庫量を確保することを改めて要請した。

 日本製薬団体連合会(日薬連)、日本医療機器産業連合会(医機連)などの医薬品、医療機器関連の各業界団体に宛てた通知で、緊急事態宣言下でも安定供給に必要な業務を継続することを要請。在庫や製造状況を随時確認し、増産や納入量の調整、代替薬メーカーや卸との調整などを講じるよう求めた。

 日本製薬工業協会(製薬協)は8日に声明を出し、新型コロナウイルス感染症の治療薬やワクチンの開発に貢献するとともに、コロナ以外の疾患に対しても「必要な医薬品の供給、適切な情報提供を継続する」姿勢を改めて表明。また感染拡大により一部の臨床試験で遅延が生じているが、「工夫を重ねながら臨床試験の遅れを取り戻す」とした。

試読・購読は下記をクリック

新聞 PDF版 Japan Chemical Daily(JCD)

新型コロナウイルス関連記事一覧へ

ライフイノベーションの最新記事もっと見る