群栄化学工業は、鋳型製造用の3Dプリンターに用いるCCS(キャタリストコーティングサンド)を量産するため、群馬工場(群馬県高崎市)に専用の建屋を設けた。来期からの稼働開始を予定する。同社は、次世代3D積層造形技術総合開発機構(TRAFAM)のプロジェクトに参画して3Dプリンターによる鋳型に使うCCSを開発してきた経緯があり、このプロジェクトで開発された大型かつ高速成形可能なプリンターの販売が始まっていることから、原料CCSの生産体制を強化する。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る