- 主力事業の状況は。

 「昨年は食品、化学品とも原材料価格やユーティリティコストが高まる厳しい年だった。近年上向いていた電子材料向け樹脂出荷も伸びが鈍化し、やや踊り場に来たという印象だ。ただ、量的にみれば自動車や住宅、食品も安定推移はしている」

 - 食品原料価格の上昇は。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

インタビューの最新記事もっと見る