馬油、馬プラセンタ(胎盤)を原料とした化粧品などを手がける肌美和(きみわ、熊本県御船町、小柳茂寛社長)は、健康食品の開発に着手した。馬プラセンタが肝機能強化や不定愁訴の改善に効果があるとの試験結果を得ており、機能性表示ができる製品開発を目標に「圧倒的なエビデンスの積み重ねを行う」(小柳社長)。原料からの一貫生産による品質、コスト競争力を強みに、馬油、馬プラセンタをベースとした化粧品などの事業展開も加速していく。


馬プラセンタサプリや飲料などを展開する

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る