自動車の環境負荷低減を目指し、次世代技術の開発が活発化している。塗装レスの動きは内装部品で先行し、加飾フィルムや原着樹脂の採用が拡大。ステージはいよいよ外装の塗装代替に移りつつある。軽量化技術では従来の熱硬化性複合材料に加え、熱可塑性樹脂をマトリックスに用いる複合材料開発が加速。含浸性の確保が課題に挙がるなか、マトリックス樹脂と強化繊維で織った「テキスタイルコンポジット」が注目を集めている。自動車の変革期を狙い、各社は得意技術で新たな市場を切り開く考えだ。

 

   クラレの外装用加飾フィルム                  旭化成のテキスタイルコンポジット

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る