色材協会が6月と7月の計4日間にわたり開催。塗料や塗装、塗膜に関する初歩的内容から塗料技術に関して、塗料メーカーや自動車メーカーの技術者らが講演する。会場は東京都目黒区駒場の東京大学生産技術研究所コンベンション・ホール。テーマと主な講演者の所属先は次の通り。
 6月14日【塗料入門】=関西ペイント、トウペ、アトミクス、DIC、同15日【塗装入門】=アネスト岩田、クボタ、BASFジャパン、7月12日【塗膜入門】=日産自動車、大日本塗料、日本ペイントホールディングス、日本ペイント・インダストリアルコーティングス、同13日【塗料技術】=楠本化成、関西ペイント、DIC、大日本塗料、アクゾノーベルコーティング
 受講料は会員4万8300円、会員外5万8600円(テキスト代・消費税込み)。色材協会ホームページ(http://www.shikizai.org/)かFAXで申し込む。定員100人になり次第、申し込み締め切り。問い合わせは同協会(電話03-3443-2811、FAX同3699)。(2018/4/2/6)

業界情報の最新記事もっと見る