花王は生体が発する微弱な光「バイオフォトン」を活用し、紫外線が肌に与える目に見えないダメージを評価する手法を開発した。紫外線が肌に当たるとバイオフォトンの量が増え、ダメージとなる酸化物(過酸化脂質)などが産生される現象に注目。過酸化脂質が紫外線を浴びた後、特定時間のバイオフォトンに多く含まれることを突き止めた。この時間のバイオフォトン量の測定により、肌の赤みとして生じないダメージも評価可能となる。ダメージは蓄積すると光老化につながるため、新手法は紫外線対策の必要性発信などに活用していく。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

メディカルの最新記事もっと見る