荏原実業は、戦略製品に位置づける生物脱硫装置と生物脱臭装置の展開を強化する。脱硫装置は飲料・食品や化学産業向けで実績があり水平展開を進めるとともに、京都大学と共同でシロキサンとの同時除去技術の実証を始めており、バイオガス発電向けに早期の実用化を目指す。一方、生物脱硫装置は処理の前段に生物脱硫装置の技術を応用し、高速処理とコンパクト化、低コスト化を実現。昨年2件受注した。今後は大都市を中心とした脱臭剤を用いた方式からの置き換えを狙う。2018年度は脱硫3台、脱臭2台を目標に17年度比1・5倍の3億円を目指す。


生物脱硫装置

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る