豊田合成は、独自の柔軟高分子デバイス「e-Rubber」でスポーツ市場に参入する。新たにe-Rubberを使用した高破壊耐荷重の薄型センサー「タフセンサ」を搭載したシューズを開発し、歩行や走行時に足にかかる圧力をリアルタイムで検出することに成功した。バットやゴルフクラブなどへの搭載が可能で、選手の状態把握やトレーニングの質向上を目的としたデータ取得を軸にパートナー企業とシステム開発を推進する。同社では医療、産業分野に続く第3の柱として展開し、年内にも事業化する考え。

高破壊耐荷重薄型センサー「タフセンサ」を搭載したシューズ

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る