豊田合成は、ASEAN市場で受注拡大に向けた取り組みを推進する。現地統括会社の豊田合成アジア(TGAS)では、主流である小型車向け製品としてコストダウンに貢献する現地仕様パーツを新たに開発。また、タイ国策により生産が拡大する電動車向けに、日本で実績のある高性能エンジン冷却ホースや遮音性を高めたウェザストリップなど高付加価値品を展開する。今後、現地ニーズに対応した内外装部品の開発にも取り組み「成長市場での事業拡大を推進する」(前田寿昭TGAS社長)考え。続きは本紙で

ASEAN地域統括会社の豊田合成アジア(TGAS)

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る