資生堂は、紫外線による皮膚の酸化状態を可視化する技術を開発した。東北工業大学との共同研究。皮膚から出る酸化状態を示す極微弱な光「バイオフォトン」を画像にすることで実現した。切開などで皮膚を傷つけることなく生体から直接、酸化状態を評価できる。新技術により日焼け止めの効果が初めて視覚的に伝えられるようになる。紫外線対策製品の機能評価にも活用できるとみており、製品の機能向上にも期待がかかる。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る