軽金属製品協会試験研究センターが開催。両コースとも期間は10月1日から3月31日。単元ごとに毎月1回の課題レポート提出と講師による添削指導、1泊2日の実習講座が行われる。すべての履修単位で規定以上の成績をおさめた受講者に修了証書および優秀賞を授与。「硬質・機能性皮膜コース」の希望者には「硬質・機能性皮膜陽極酸化管理士」の称号が付与される。受講資格は両コースとも高校卒業程度の学力とし「硬質・機能性皮膜コース」のみ陽極酸化処理の基礎知識を有する者とする。募集人員は32人。受講料はテキスト代、スクーリング代、消費税込みで「硬質・機能性皮膜コース」が会員18万円、一般25万円。「陽極酸化修理コース」が会員15万円、一般23万円。問い合わせは同協会アルミニウム表面技術講座通信教育事務局(電話0297-78-2511)まで。(2018/7/30/4)

業界情報の最新記事もっと見る