農林水産省は、スマート育種システムとしてロボット活用により生産するバイオデータを駆使し、迅速な作物の品種改良を実現する仕組み開発に向けた研究開発事業に着手する。ヒトの健康面に着目し、ヒト腸内の微生物叢(マイクロバイオーム)を健全にさせる成分が特定可能なデータの取得方法と、その成分生産に適した作物へと改良するうえで育種が効率良く、迅速に行えるためのデータづくりとを連携させるデータ基盤構築を目指す。同省では研究開発する組織を公募し、12月末までに実施研究開発機関を決定する。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る