農研機構が産学連携の強化へ新たな体制と仕組み作りを進めることになった。つくば本部内に「産学連携室」を新設し、産業界、農業界との連携のための司令塔機能を強化するとともに、産業界ごとに企業との橋渡しを担うビジネスコーディネーターなどの人材を新たに組織に組み込む。農業・食品分野でイノベーションを創出し、産業競争力を強化する。久間和生理事長は「いろいろな産業界からニーズを聞く。徹底的にいっしょに考え、当機構が一体となって、持ち得る研究開発能力を生かし、産業界と新たなビジネスモデルを構築するハブとして活動していく」と取り組み姿勢を示す。

久間和生理事長

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る