前の座席に座っている若い女性はマフラーをしている。ドアに持たれてスマホを見ている男性はスーツの下にベストを着ている。空調からは冷気が流れている。晴れた日が続いた11月半ばの地下鉄での一コマ▼穏やかな陽気とはいえ、つるべ落としに日が暮れたら、寒さすら感じる。電車の運行に携わる人々はこの状況に気づかないのだろうか。上から下りてくる冷気を感じながら無神経とすら感じる▼ここ数年で東京の電車交通網は一段と便利になった。1兆円を超える工事費を投じ、複々線化を完成させた小田急線は都心までの時間を大幅に縮めた。東急線は座席を高くし、ヘッドレストを置いた車両が増えた。お年寄りが立ちあがりやすい工夫だ。ハードは良くなった。疑問の余地はない。だが、そのハードを使うソフトには首を傾げることが多い▼人手不足も反映してスーパーのレジの自動化が進んでいる。支払いの機械化は払う側にとっては楽だ。特に混んでいる時は小銭を出す際など列の客に気兼ねしなくてもいい▼初めて入ったスーパーで、精算カゴで買い物をしていたらレジで注意された。そして、支払いをしてから気づく。袋がない。「袋ください」。「袋は有料です」。初めての客だと分かってるのだから、「袋は要りますか?」と聞かれて当然と思う方がおかしいのだろうか。(18・11・30)

PDF版のご案内

新聞購読のご案内

精留塔の最新記事もっと見る