金星製紙(本社・高知市)は、柔軟性や補修効率に優れる独自の立体不織布「デコレイ」を開発、市場提案を開始する。エンボス調でありながら、実際にはヒートエンボス加工を施していないため、柔らかで優れた風合いをもつとともに、フィルターとしての補修効率も高い。エアレイド不織布の製法で行える混繊や積層も自在に行えるため、需要家のニーズに応じた設計が可能。肌触りのよさを生かした衛生材料や化粧品のほか、各種フィルター用途も想定して国内外の需要家に提案していく。中期的に年間300トンの販売を目指す。

ヒートエンボス加工を付与していないため繊維の柔らかさを保つ

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る