金沢大学の小谷野智広助教らの研究グループは、金属の電解加工用に3Dプリンターを応用したポーラス電極を開発した。材料粉末を溶融・焼結するレーザーの走査速度を制御することで、電解液を供給するためのポーラス(多孔質)部を電極中に形成したもの。現在の貫通穴では対向箇所が未加工部として残るのに対し、加工面に対する影響を抑えられる。任意の場所に自由な形状でポーラス部を設けることが可能であり、実用化による電解加工の適用範囲拡大が期待される。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る