鍋林は化成品事業部において九州地区でのビジネスを拡大する。このほど事業拡大を見込み、新たに拠点3カ所を開設した。一部の既存顧客における展開の拡大を背景としたもので、それにともなう安定供給の確保とサービス強化を目的としている。各拠点で危険物倉庫などを完備するほか、物流体制についても自社トラックを備え安定供給体制を確保している。同施策を通じて、九州地区での収益力を強化することを狙いとしている。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る