鍋林は、山梨エリアでの競争力向上に向け、甲府事業所(山梨県甲府市)の機能強化を図る。危険物倉庫の拡充や温調機能の充実を図り、専門性の高いサービスで同地域の顧客満足度の向上につなげる。同拠点は化成品のみならず、ヘルスフーヅや医薬などの事業部も擁する。そのため事務所棟のほか食品倉庫や物流センターも、スクラップ&ビルド(S&B)で刷新する。機動性を高め各種商材の取扱量拡大へ対応する考え。2020年夏までに一連の計画を完了させ、同地域における全事業部的な収益力強化を図る。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る