【コッテイングブルン(オーストリア)=中尾祐輔】中国の大手自動車メーカー、長城汽車はオーストリアにおける研究開発を強化する。2021年には人員を現在の40人から3倍の120人に増やし、エンジニアを拡充する。以前から取り組む電気モーター、インバーター、炭化ケイ素(SiC)パワー半導体の開発を前進させるとともに「リチウムイオン2次電池(LiB)や充電システムの研究にも乗り出す」(マルカス・シェルマン オーストリア法人社長)とし、電気自動車(EV)の競争力強化につなげる。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る