長瀬産業はAI(人工知能)を活用して工場の生産ラインを可視化する米社製分析プラットフォーム「Sight Machine」の提案を強化する。工場に点在するデータを統合して、機械学習などにより解析し最適化する。生産品の性能の測定、プロセス改善、故障の予測など、品質や生産性の向上が図れる。NAGASEグループのネットワークを活用することで、化学品やプラスチック加工、ライフ&ヘルスケア、自動車といった製造現場での利用を促していく方針。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る