長瀬産業はIBMと共同でAI(人工知能)や高速データ処理システムを活用して新規材料や代替材料を探索するマテリアルズ・インフォマティクス(MI)のプラットフォームを開発する。「コグニティブ・アプローチ」と「アナリティクス・アプローチ」の2種類のアプローチを採用し、新たな化学品などの短期間での発見に貢献する。NAGASEグループのナガセケムテックスと林原で評価を行った後、2020年から日本を中心とする化学品メーカー、バイオ素材メーカーに対しこの新材料探索プラットフォームの提供を開始する方針だ。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る