関東化学はヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)用未分化維持培地「ciKIC(サイキック)iPS medium」を研究用試薬として今週から上市した。培地交換の頻度を週3回程度に減らしても安定的にiPS細胞を培養できる。作業者の負担軽減と培地使用量が減ることによるコスト低減につながると期待されている。同製品は京都大学・物質―細胞統合システム拠点(iCeMS)の技術シーズをもとに関東化学が独自技術を取り入れて開発した。同社がiPS細胞用培地を手がけるのは初めて。

培地交換の頻度を週3回程度に減らしても安定的に培養できる

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る