関西化学機械製作(兵庫県尼崎市)は、化学プラント向けに独自開発した蒸留プロセス「WW蒸留プラスⅡ」の市場展開に拍車をかける。化学品製造や溶剤回収などの蒸留プロセスにおける多大なエネルギー消費が課題となるなか、高度な省エネ技術で顧客のニーズに応える。すでに蒸留塔向け伝熱促進装置では累計500基以上を受注しており今後、蒸留プロセスのプラントエンジニアリングでも攻勢をかけ、年間数件の安定受注を目指す。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る