阪本薬品工業(大阪市中央区、阪本稜雄社長)は、柔らかさを追求した可撓性のエポキシ樹脂「SR-FXB」を開発した。一般的なエポキシ樹脂であるビスフェノールA型エポキシ樹脂(DGEBA)にない柔軟性が特徴。DGEBAと同等以上のせん断強度を有しながら、優れた剥離強度も示す。ベース樹脂はもちろん改質剤としても使え、自動車や電気・電子部品の半導体封止材といった耐久性、耐熱性が要求される用途や注型剤、土木・建築用接着剤など広範な分野へ採用を働きかけていく。

SR-FXB(上)はDGEBAと比較し優れた柔軟性を示す

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る