日本が世界市場を席巻する電子材料業界の動きが活発化している。米中貿易戦争の影響を受けているところに日韓貿易摩擦も加わって、サプライチェーン(SC)の見直しが否応なしに進む見通し。韓国は半導体関連3品目の輸出管理強化に過剰な反応をみせる。いまのところは「業績に大きな影響はないだろう」(三井化学の久保雅晴副社長)というが、危機感を覚えたサムスン電子をはじめとする韓国企業は日本依存度の引き下げを急ぐのは必至。先行きは不透明だ。部材業界にとって日韓関係以上に深刻なのが米中のハイテク覇権争い。電子機器工場などの脱中国が広まっており、こうした動きに部材サプライヤーも対応せざるを得ない。半導体装置・部材の業界組織であるSEMIチャイナのロン・チュ総裁は、「日韓、米中問題ともに長期化する」と話している。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る