半導体、ディスプレイ、電池などに使われる電子材料で高い世界シェアを占める日本の化学企業。ゴールドマン・サックス証券の池田篤氏は、バリュエーション(価値評価)、成長性、競合状況などから、化学セクターのなかで電子材料メーカーを特に推奨しており、今後の成長性が株式市場の評価に織り込まれていないとみている。コンビクション・リスト(最も強い推奨)として、信越化学工業、SUMCO、三菱ガス化学をあげ、東京応化工業、日本ゼオンなどにも注目している。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

セミナーイベント情報はこちら

市況の最新記事もっと見る