静岡大学の福原長寿教授らのグループは、室温雰囲気下で二酸化炭素(CO2)からメタン製造する「オートメタネーション」技術を開発した。原料ガスに酸素を混ぜることでメタン化反応の作動温度を大幅に下げたもので、世界で初めて実現した。CO2を効率的かつ大量にメタンに資源化することが可能になる。福原教授は、電力会社と共同で火力発電の排ガスを用いた実証試験を実施して実用化に向けた検討を進める考え。また、メタンから合成ガスを製造し、化学製品の原料として活用するプロセスも視野に入れている。続きは本紙で

「オートメタネーション」で用いるニッケル/酸化セリウム触媒。実験では酸素が共存しても影響はなかった

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る