韓国化学大手が投資先としてインドネシアに熱視線を注いでいる。大型の石油化学コンプレックス計画を進めているロッテケミカルに続き、LG化学は統合型のバッテリー工場新設について検討を進めている。インドネシアでは、現代自動車がこのほど新工場建設に向けた覚書を同国政府と締結しており、韓国系の素材サプライヤーによる投資機運が高まりそうだ。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る