韓国のスタートアップ、BAエナジーは断熱材一体型太陽電池(PV)「エナジーウォール」でスマートビル市場を開拓する。従来ビルへのPV設置は屋上に限られており、導入台数に限界があったものの、同製品は外装材としてビル壁面に設置できるため、高層ビルになればなるほど効力を発揮する。2019年上半期にビル用を投入する予定。韓国、中国、日本、インド、欧州、北米など世界展開を推し進める。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る