世界保健機構(WHO)は、飲料水中のマイクロプラスチック(MP)について、「現状では健康上のリスクをもたらしているようにはみえない」とする報告書を公表した。通常の水処理施設でほとんどを取り除くことができる。今なお世界には浄化設備のない環境で生活している人は多く、水道事業者には病原性微生物や化学物質の除去に集中することがMP対策にもなると呼びかけた。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

環境・規制・行政の最新記事もっと見る