高圧ガス工業は、ベトナムを軸にグローバル展開を強化する。ベトナム現地法人の高圧ガス工業ベトナム(説田和洋社長)に、塗料向けアクリル系エマルジョンの製造ラインを新設する。完工時期は今年の夏ごろを予定。生産能力は月300トンペースで、ベトナムローカルの塗料メーカーなどに供給していく。ベトナムでは経済成長に合わせ消費者のニーズが高まっているほか、内装がペイント文化のため一定の需要も見込んでいる。

樹脂ラインを増設する高圧ガス工業ベトナム

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る