高知工科大学は、金属酸化物の多孔体ナノ粒子の実用化を推進する。地元企業の宇治電化学工業(高知市)などと連携しながら取り組んでいるもので、独自の一段階合成法によって表面積が非常に大きい多孔体を短時間で得られるのが特徴。高知県の支援の下、第1弾として酸化ジルコニアが歯科材料向けに採用される見通し。粒径制御だけでなく複合化や中空構造も可能なことから触媒、リチウムイオン2次電池(LiB)など多様な用途への適用を目指す。

酸化ジルコニウムのMARIMOナノ粒子

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る