高砂熱学工業、石原産業、東京電力エナジーパートナーは、ハスクレイを用いた高密度蓄熱システムの実用化を推進する。ハスクレイは、従来の糖類やパラフィン系の固相変化材(PCM)に比べ熱密度が高く、熱ロスが発生しないなどの特長を持つ。このほど新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の戦略的省エネルギー技術革新プログラムに採択され、定置型とオフライン熱輸送型の蓄熱システムを実証する。これにより、工場やコージェネレーションシステム(CGS)など100度C以下の低温廃熱の有効利用を目指す。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る