【ジャカルタ=中村幸岳】高砂香料工業は、インドネシアで香料の生産に乗り出す。2019年末の稼働開始を目指し、ジャワ島西部で工場建設に着手した。世界第4位の香料市場規模を持つ同国で特有の需要に応え、競争力を強化するため生産進出を決めた。中長期的に、インドネシアから中東への製品供給も視野に入れる。新工場稼働にともない、同社はシンガポール、インドを含むアジア太平洋地域3極に生産拠点を構えることになり、事業戦略立案の柔軟性も高まる。

現地法人を通じフレーバーとフレグランスの生産工場を建設する

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る