高純度テレフタル酸(PTA)の新増設が中国を中心に進みそうだ。数年前から先送りされてきた四川晟達の新規プラントが稼働を開始したほか、新鳳鳴の年産220万トン設備が年内に立ち上がる見込み。2020年以降には、時期は未定ながら500万トン級の大規模計画も打ち出されている。PTAは供給過剰から完全に脱し、需給はタイト基調で推移。前年比5%程度の世界需要の成長が見込まれるなか、現状で300万トン強以内の増強であれば需給バランスが大きく崩れることはない。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

市況の最新記事もっと見る