鹿児島大学は、歯を自動的に削る歯科治療ロボットの開発に取り組んでいる。ベテランでも非常に難しい歯の切削作業を支援する。同大学大学院医歯学総合研究科先進治療科学専攻の菊地聖史教授は、将来的に歯科治療ロボットと既存の歯科用CAD/CAM(コンピューター支援設計/製造)システムを統合したフルデジタル歯科用CAD/CAMシステムの実地運用を想定。実用化に向け企業との共同開発により試作機の小型軽量化を目指す。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る