電炉に使われる黒鉛電極の需給バランスが一時的に緩んでいる。需給タイト化から買い増しが進んだことで余剰感が先行し、地域によっては経済減速も拍車をかけている。交渉中の下半期契約価格が下落傾向にあり、2017年下半期から続いてきた急騰が落ち着いた。ただ、電炉鋼需要は中長期的に拡大が見込まれており、市場関係者は在庫消化が終われば需給は再び引き締まるとみている。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

市況の最新記事もっと見る