【上海=但田洋平】中国塗料工業協会によると、2018年の中国の塗料生産実績(売上高2000万元以上の企業1336社が対象)は前年比5・9%増の1759万7900トンとなった。景気減速や環境規制、原材料価格の高騰などの厳しい経営環境下でも安定した生産量を確保した。協会は19年も同水準の伸びを予想する。もっとも、国際競争を勝ち抜くためには、産業の集中度をさらに高める必要性も説き、合併や淘汰により2000社程度ある企業数は半減していくとみている。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る