日本油化学会関東支部が主催(共催日本化学会)。5月31日12時30分から17時、油脂工業会館9階大会議室(東京都中央区日本橋3-13-11)で。
 プログラムは次の通り。①「自社コア技術から発想するテーマ創出法」(ベクターコンサルティングの浪江一公社長)②「クリエイティブ人財を育てるものの言い方」(アカラ・クリエイトの井上健一郎代表)③「研究者が知っておきたいマーケティング基礎知識」(ライオンの今井秀之顧問)④「キリングループの健康領域へのあらたな取り組み-プラズマ乳酸菌」(キリンの佐野環 事業創造部長)。その後懇親会。
 参加費は日本油化学会・日本化学会法人会員1万円(個人会員は8000円)、一般1万6000円。別途懇親会費として4000円(日本油化学会に新たに1万円の会費を支払い入会される人は無料)。申し込みは氏名、所属、連絡先、会員資格、懇親会参加の有無など記入のうえ、EメールもしくはFAX。締め切りは5月18日。申し込み先はADEKA食品開発研究所の山下敦史氏(yamashita@adeka.co.jp、FAX03-3809-8286)まで。(2018/4/11/5)

業界情報の最新記事もっと見る