スリーエムジャパンは、樹脂の軽量化など多彩な用途に活用される高機能添加剤の用途展開を強化する。長年のロングセラーとして安定的に売り上げを伸ばしてきたが、2017年までの3年間は売り上げが年平均2ケタ近い成長率を示すなど好調が続いているという。自動車の燃費向上だけでなく、電気自動車(EV)の普及促進などで高まる樹脂部材軽量化のニーズに対応。さらに誘電特性を生かして電子材料分野への展開もにらむなど、積極的な需要取り込みを図っていく。

グラスバブルズ、充填のイメージ(下図)。真球形状の粒子で、不定形のフィラーなどに比べて充填率が高い

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る