2019年、5G(第5世代通信)社会がいよいよ幕を開けようとしている。総務省は昨年11月、基地局に対する指針案を公表。今年3月末をめどに周波数割り当てを決定する。商用サービスを目指す20年の東京五輪を前に、今年行われるラグビーW杯でプレ5Gのデモンストレーションを行う予定だ。周波数帯や全国への普及目標も明確化され、各社はデバイスの仕様策定や先を見据えた高周波開発など、5G社会に向けた展開準備に拍車をかける。

ノキアの5Gアンテナ

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る