アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(ABS)樹脂のアジア市況が昨年8月以降下落している。下落前の1トン当たり2000ドル近くから足元では1500ドル台半ばまで下がり、主要原料との価格スプレッドはこの1年で半減した。米中貿易摩擦の影響で需給が緩むが、「特殊要因によるもので需要そのものは底堅い」との見方がある。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

市況の最新記事もっと見る