ADEKAと帝人グループで複合材料成形のジーエイチクラフトは、炭素繊維(FC)を用いて強化プラスチックを直接積層できる「ファイバーtoコンポジット(FtoC)」成形プロセスを開発した。これまでもガラス繊維での成形法を確立していたが、炭素繊維でもプリプレグを用いてオートクレーブ成形した炭素繊維強化プラスチック(CFRP)以上の物性を確認した。コンポジットや金属などの板材に直接積層して補強する工法も確立。設備を現場に持ち込み、その場成形することにもめどをつけた。今期中には曲面成形の開発を目指し、自動車部材や土木・建築補強などの用途開拓に取り組んでいく。

基材に直接積層したFtoCコンポジット。CFRPと鉄板(上)とGFRP同士

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る