ADEKAと帝人グループのジーエイチクラフトは、開発中の「ファイバーtoコンポジット(FtoC)成形プロセス」を用いて、金属板にダイレクトに炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を成形する技術を確立した。曲げ試験において炭素繊維が破断してもCFRP層と金属板が剥離しないことを確認しており、FtoC成形プロセスの展開の幅を大きく広げる成形法として提案を強化していく。並行して直線構造以外の形状の成形法の開発も進めており、早期にプロセス開発にめどをつけ、1年以内に実際の成形品を示して用途開拓に弾みをつけていく。続きは本紙で

FtoC成形プロセスで鉄にダイレクト成形したCFRP。繊維が破断するまで曲げても剥離していない

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る