アドバンスト・キー・テクノロジー研究所(AKT、東京都小金井市、阿久津伸代表取締役)は、ルツボを使わない結晶成長技術の早期実用化を目指す。低コストで高純度化できる製法と、大口径化が可能な製法の2種類を開発ずみ。高価なイリジウムなどを使うルツボが不要になるため、不純物が混ざらないほかコストを低減できるなどの利点がある。企業との協業を通じて用途開発を推進するとともに、自動制御技術を開発し、将来はマテリアルズ・インフォマティクス(MI)への応用につなげたい考え。続きは本紙で

酸化ガリウムの結晶成長に成功している

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る