三菱ケミカルホールディングス傘下のエーピーアイコーポレーション(APIC、喜多代秀樹社長)は、医薬品原薬の受託事業を強化する。微生物を用いたバイオ合成法によるプロセス技術を武器に、原薬プロセス開発の受託案件獲得を目指す。三菱ケミカルサイエンス&イノベーションセンター(SIC)と連携し、顧客ごとに最適化したスマートセル(組み換え微生物細胞)を構築することで工程数を減らし、生産コスト低減に寄与していく。初期段階のプロセス開発に携わることで、その後の治験薬製造、商業生産までの一貫受託につなげ、事業拡大を目指していく考え。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る