【上海=但田洋平】BASFは、中国企業3社と相次ぎ連携協定を結んだ。保温や造船、食品のコールドチェーン、自動車の内装材など向けに同社のポリウレタン(PU)材料や技術を提供する。複合材料などの共同開発にも踏み込み、自社製品の強みや特徴を中国市場にアピールする狙いがある。マーケティングや開発段階から現地企業とパートナーシップを組むことで、需要を早期に囲い込む。続きは本紙で

現地企業の連携を成長の原動力に(溧陽山湖汽車装飾材料との連携協定調印式)

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る