経済産業省・資源エネルギー庁は、石油化学コンビナートの脱炭素化に向けた方策を議論する「カーボンニュートラルコンビナート研究会」(座長・平野正雄早稲田大学教授)の最終とりまとめを来週にも公表する。カーボンニュートラル(CN)コンビナートの共通ビジョンや国、地方自治体、産業界、アカデミア、金融の役割などを提示する。コンビナートの脱炭素化には巨額な費用が必要になる。経産省としては、限られた資源を重点的に投入するため、コンビナートに選別の視点を盛り込む方針。これまでの「護送船団方式」からの脱却を目指す。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

セミナーイベント情報はこちら

環境・規制・行政の最新記事もっと見る