DICは、米子会社サンケミカル(ニュージャージー州)と一枚岩になって欧米市場を深耕する。欧米の統括会社としたサンケミカルに2017年、オーストリアのポリフェニレンサルファイド(PPS)コンパウンド工場の管理を移管。さらにサンケミカルの販路でDICの付加価値品を拡販するなど事業融合は本格化しており、現状のDIC製品の売上比率は3~4割に高まったもよう。インキや顔料主体だったサンケミカルと業際の垣根を越えるグローバル運営は加速度を増している。

マネジメントをサンケミカルに委託したオーストラリア工場

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る